こんにちは(^^)

最近レポートに追われていて寝不足のゆかです。

さて、今回は「彼氏を気持ち悪いと感じてしまう」ことについてお話します。

これを読んでいる女の子は、彼氏を「気持ち悪い」と思ったことはありますか?

わたしはあります。

「なんだかわからないけどもう無理!」となるくらい嫌悪感が増したこともあります。

どうして最初は好きで付き合ったのに、「気持ち悪い」という感情が生まれてくるのか?

そのことについて徹底解説します!

一度「気持ち悪い」と思っても気持ちが戻ることはあるのか?

f:id:kyuka1211:20151222193212j:plain

結論から言って、ありません。

わたしの周りでも、気持ち悪いと思ったところから持ち直したカップルは一組も見たことがありません。

残念ながら、もしあなたが今彼氏のことを「気持ち悪い」と思ってるのなら、別れの合図です。
遅かれ早かれ別れることになるでしょう。

ただ、この後で紹介する「気持ち悪いと思う理由」に当てはまっていて、それが彼氏にとって解決できそうな課題であれば、また持ち直す可能性があります。

その場合、相手に「それはやめてほしい」と伝えないといけないのでちょっとハードルが高いですが…

わたしの場合、一度気持ち悪いと思ってしまうとその気持ちが残ってしまって、持ち直すのは難しいです。

多くの人がそうだと思いますが、「でも気持ち悪くても他は全部いいんだよね…」という場合にはちょっと頑張ってみてください!

それで無理そうなら、別れることをおすすめします。

「気持ち悪い!」と直接言うのもあり

思い切って、直接「それ、気持ち悪い」と伝えるのも良いと思います。

ちなみにわたしはこれをやりました。

しかし、あくまでも冗談っぽくです。

ツッコミのノリで言いますが、中身は「気持ち悪い」という言葉そのものです。

相手を傷つける可能性もありますが、こちら側の気持ちも素直に伝えないとストレスが溜まる一方です。

勘の良い彼氏なら、「あれ?ちょっと控えた方がいいかな…?」と察してくれるかもしれません。

もしいつも冗談っぽくやり取りするような相手なら、思い切って「気持ち悪い!」と嫌な気持ちをはっきり示してみるのもありです。

そもそも、なぜ気持ち悪いと思ってしまうのか?

では、根本的なところを少しお話しようと思います。

どうして彼氏を気持ち悪いと思ってしまうのか?

「あんなに大好きだったのに…」
「触られそうになるとゾワッとする」
「なんだかイライラする」

世の中の彼氏たちが見たらショックで泣きそうな意見ですが、一度はこのように思ったことがある女の子も多いのではないでしょうか?

こう思うようになるのには、きっかけがあります。

わたしやわたしの友達の実体験をもとにいくつか例をあげてみたいと思います。

甘えてくる

「甘えられて冷めた」という声も聞くほど、まず第一に挙げられる理由です。

普段はクールでSっぽいのに、2人きりになると甘えてくるのが気持ち悪い!というのもあるし、ある日突然甘えてくるようになって無理になったという話も聞きます。

わたしも初めて男の人に甘えられた時はゾワッとしました。

でも男の人は外で頑張ってる分、気を許した彼女の前では甘えたいものなんですよね。

…でもそれでも、気持ち悪いものは気持ち悪い(泣)

これは次の話にも繋がります。

赤ちゃん言葉を使ってくる

これ!!甘えてくるだけでも気持ち悪いのに、赤ちゃん言葉を使ってくるとなるともう無理です。

わたしは無理です。

しかし、赤ちゃん言葉を使う人が多いのも事実。

どうして使うのか、わたしには理解できません。

しかも意外にもみんなサラッと使うので、「?!!」となります。

・語尾に「~でちゅ」「~にゃ」とつける
・なぜか「おねえちゃん」と呼んでくる(友達談)
・「寝よっか」でいいのに「ねんねしよっか」と言ってくる(ぞわ)

パッと思いつくだけでもこんな感じです。

ツッコミを入れる間を忘れるほど気持ち悪いです…

これを読んでいるあなたが男性なら、赤ちゃん言葉は使わない方が無難です。

甘えたいのはわかりますが、引いてしまう女性が多いことも覚えておいてくださいね!

清潔感がない

次に問題になってくるのが、清潔感。

どんなにかっこよくなくても、ブサイクでも、デブでも、清潔感がなかったら終わりです。

髪のフケや肌荒れ、口臭など、彼女じゃなくたって嫌です。

これらのケアはマナーだと考えてほしいです。

わたしの元カレでも、清潔感ゼロの人がいました。

最初は良かったのですが、徐々にその実態が明らかに…

実態が明らかになった瞬間急激に冷めました。

彼女だからってそこは甘えずに、最低限の身だしなみは整えてほしいですね。

顔がかっこよくない

書こうか迷いましたが、これも入ると思います。

かっこよくないというか、「自分のタイプの範疇に入っていない」という場合に気持ち悪いと感じる気がします。

はじめは「顔なんか関係ない!ちょっと好みじゃないけど、性格もいいし優しいし最高!」と思っても、しばらく時間が経って冷静になってくると「あれ?違うかも…」となります。

また、顔はいつも見るものなので、一度「気持ち悪い」と思ってしまうと顔を見るたびに気持ち悪いと思ってしまったりします。

失礼な話ですみません。

でも、「顔がかっこよくない」ことだけが独立して気持ち悪い理由にはならないような気がしています。

顔が嫌と思う前に、他の理由で気持ち悪くなり、それに付随して「顔も気持ち悪いよなあ」と実感するということです。

例えば清潔感がないということがわかって改めて彼氏を見ると、今まで気にならなかった部分もどんどん気になってきてしまうものです。

顔は相当タイプでない限り、一度嫌悪感が湧くと一緒に嫌になる部分です。

気持ち悪い下ネタ連発

最後はこれです。

本人はノリで言っているつもりなのでしょう。

しかし、相当気持ち悪いですこれは。

最初は付き合ってあげるのですが、もう我慢できなくて「気持ち悪い!」と言ってしまったりします。

あまりにも度が過ぎた下ネタは、男同士の中で留めておきましょう。

まずすべきこと:距離を置く

彼氏のことを気持ち悪いと思い始めたら、まずは距離を置きましょう。

「最近課題に追われてて忙しいの」「体調崩してて…」などと言って連絡もあまり取らないようにしましょう。

その間にゆっくり考えて、気持ち悪いという気持ちが消えていたらOKです。

消えていなかったら…一度会ってみて考えましょう。

もし「触れられるのも嫌」「キスも何もしたくない」と体が先に反応するようであれば、おそらく別れるしか選択肢はないでしょう。

ちょっと悲しいですが、仕方ありません。

よく考えて、あなたにとって最善の選択肢を選んでくださいね!

 

恋愛でお悩みのあなたにおすすめ